FC2ブログ
--/--/-- --:--

スポンサーサイト

    
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006/03/08 00:00

一年後 (術後363日目)

    
2006年3月8日 一年後(退院341日目)

3月8日。

この3月の8日という日は私にとって何かと印象深い日である。

その元は学生時代、ロシア(当時はソビエト連邦)旅行をした際の
モスクワ滞在中、連日氷点下2桁の日々の中、にもかかわらず、
街が「花でいっぱい」だった想い出。
今現在でも日本では馴染みは薄いものの、この日は「国際婦人デー」
であり、かの国では「女性の日」として、大切に想っている女性に花を
プレゼントするなど、大いに盛り上がる日で、その代名詞である、
『ヴォシモーヴァ・マールタ (3月8日)』というロシア語の言葉の響き
ともに深く心に刻みこまれている。

昨年(2005年)のちょうど同じこの日、家族を交えた術前の説明が
行われ、自分の両親と共に万が一の危険性について詳しく聞きながら、
20数年近く前の、その「花いっぱい」の風景を思い出していた。

前回から3ヶ月ぶりとなる定期検診。

もう既に懐かしささえ感じる病院へ車を走らせた。

"いつもの"風景、"いつもの"匂い、快適な室内、
看護師さん達のてきぱきとした動き、院内放送。。。

何もかもが、「あの時」のまま。

一通り診察を終え、大病院に特有の会計までの長い待ち時間。

昨年自分がひと月の間過ごした病棟・病室へ行って見た。

検診の度に訪れていたのだけど、夏に来るのとはやはり違う、
「あの時」と同じ色の窓の景色。

見舞いの時間外、しかも回診の時間なのでお世話になった
看護師さん達はほとんど不在。ナースステーションにいるのは、
新しい人ばかりのようだ。残念。

一年前は、ここを車椅子、または歩行器でよたよた歩いていた。。

ここしばらくは一日一日、去年の振り返りばかりになりそう。

34

35

36

37


レントゲンでの状態確認でも全く問題なし。
前回の検診より骨が形成され、きれいにくっついているのが、
私の素人目でもわかるほど。


一年を過ぎて、とうとうこれで通院もなくなってしまうのか、と
おかしな話、不安感や寂しさを感じていたのだけど、次の検診が
あるようで、これもおかしな話、少しうれしかったり…
「予約可能な一番先の日にち」ということで、次回は7月の末。

スポンサーサイト

タグ : 頚椎 椎間板 ヘルニア

<< 術後273日目 | ホーム | 術後1年10日 >>

コメント

コメントの投稿

URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 BLOG TOP 

contents

coments

trackbacks

RSSlinks

google

google more


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。