--/--/-- --:--

スポンサーサイト

    
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2005/03/04 00:00

ミエロ検査日

    
2005年3月4日 入院2日目

ミエロ検査の日。実際に執刀する医大の先生に早く見せるため、
ということもあって即検査に入る。
朝6時から絶食(前日夕食から何も食べていないので20時間の
絶食x。x) 9時からは絶飲。水も飲めなくなる。

0800 水の点滴を大量に入れはじめる。
ミエロというのは背骨の中の脊髄液の中に直接造影剤を注入して
レントゲンを撮る、というもの。
背骨に針?手術を前にショッキングな話。実際は背骨の間に針を
さしこみ直接隋液まで達するいうもので神経に触るわけではなく、
感覚的には普通の注射と同じくらいの痛みですよ、との事。
でもやはり場所が場所なだけに怖さ満点。。

下着一枚になり、固い寝台(CT撮影台ベッド)に左側を下に、丸く
えびのようになって背骨の隙間を大きく開ける形にして針を注入。
およそ30秒程度。造影剤を入れて針が抜けると早速レントゲン撮影。
ベッドは各度を替えて上に下に振られて最後は脊椎の方に造影剤
がまわるように頭が下になる。
針が入った瞬間の痛みはほとんどなし。すでに皮膚感覚が麻痺して
いたのも幸いしたのだろう。一番痛いところを免れたようだ。

ミエロ後はしばらく頭痛が続くということで、検査後は絶対安静。
激しい痛みを伴う人もいるようだが、私の場合は当日の夜中、目が
覚めたときに体全体の硬直感と重たい頭痛を感じただけで、翌朝も
苦しい程ではなかった。
レントゲンの後、1時間半をおいてCT撮影へ。これは寝ているだけで
終わる。全てが終わったのは14時半頃であった。

1500 装具の試着。恐ろしく苦しい・圧迫感。「拘束具」だから仕方ない
のだが…手術の苦しみよりもこれを装着してのその後の生活を憂う。。。

1600 食事
点滴を続ける。水と、ステロイド剤とにかく多め。造影剤を尿として
流し出すため。

1800 食事
お腹が空いていて食べる食べる。


スポンサーサイト

タグ : 椎間板 ヘルニア ミエロ検査 痛み

<< 入院の決定 | ホーム | 入院3日目 >>

コメント

コメントの投稿

URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 BLOG TOP 

contents

coments

trackbacks

RSSlinks

google

google more


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。