--/--/-- --:--

スポンサーサイト

    
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2005/03/03 00:00

入院の決定

    
2005年3月3日 入院1日目

朝8時半からの特別に時間を割いていただいての診察。

MR画像にもはっきりと神経中枢を圧迫するヘルニアが見える

1
2


第5・6番椎間板のヘルニア

3
4
5


圧迫により神経束が白濁しているのが確認できる。
ここまでになると相当に切迫した状態との事。

6
7


簡易のカラーを即購入(5000円)装着。

初めて乗る車椅子でさっそく検査回り(検尿・血液・心電図・肺活量・
レントゲン)術後装具のサイズ計り 装具は9万円の胴当付きを発注。
※装具は保険適用対象

1100 病棟へ。これからお世話になる病室。
同室は必ずしも同じ症状の方ばかりではなく、整形外科で扱う症状様々、
6人部屋に5人。なんとも久しぶりに感じる団体生活である。
しかし4人までが術後、一人の方がその日手術日ということで、いわゆる
「手術の先輩方」ばかりの部屋であった。この事がその後の入院生活上
非常に心強いものとなった。

1200 昼食 質素だが量は十分(質素なのは病院だから当然なのだが
量的には私にとっては多めで、多少太りそうな予感がした位)。

初めてしびんで小用。日常生活全てがこのベッドの上、

1500 ステロイド点滴約2時間

点滴も慣れたものではないので針はやっぱりこわい。
何度も針をさすわけにはいかないので点滴が終わっても針は抜かない。
これがまた非常に気持ち悪い。。しかし数時間もすれば慣れてしまう。
時として存在を忘れるくらいで、痛いわけではないが、ちくっとする感覚が
時々あったり、寝るときに非常に気にはなるが、慣れてしまえば勝ち。

スポンサーサイト

タグ : 入院 椎間板 ヘルニア 痛み

<< 入院・手術の勧め | ホーム | ミエロ検査日 >>

コメント

コメントの投稿

URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 BLOG TOP 

contents

coments

trackbacks

RSSlinks

google

google more


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。