--/--/-- --:--

スポンサーサイト

    
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2005/04/02 20:20

コラム・痛みについて

    
注射が大嫌い。「チクッとしますよ」と来たらとにかく目をそらして
他に神経をそらしたいが、その針の傷みが消え去るのをひたすら
待つという臆病者^^
病院という場所。採血から点滴からとにかく針を刺す事は避けられ
ないので慣れるかな?と思ったが最後の最後までダメでした。

そんな「注射」以外にもたくさんの「痛そう」なことが待っている
「治療」生活。気になるあの痛みはどうなのか?集めてみました^^

■尿管
尿管を取る時は少し痛かった。これはひとそれぞれのようで
あまり痛みを感じない人もいるようだが、取る時に痛みをあまり
感じなかった人は、その後の初めての尿の時の違和感・痛みも
少ないようだ。
尿管を取るタイミングは立ち上がって動けるようになったらもう
考えた方がいい。あまり長く入れていると取る時の痛みも増すらしい
私は装具をつけて立てるようになって、レントゲン検査があった
?日目に、違和感(寝返りの時等に少し痛みを感じる。すこし
時間がたてば慣れるが違和感があった)から開放されたく
検査の帰りにトイレに立ち寄り看護婦さんに抜いてもらった。
「息を吐いて。。楽にして。。」多少の痛みはあったが上手に
処置してくれたのだろう。そのままトイレにて大をし、同時に
小も少し出したが痛みあり。。。
それが昼の事だったのだが、夜になり、ちゃんと次の尿が出ない
ともう一度尿管を入れなければならない。尿意はないが促され、
トイレに行くと出た。やはり少し痛い。この痛みはその後の2・3回
で消えてしまった。


■抜糸
手術後、10日前後で抜糸となる。
長く放置しすぎると肉にくいこみ抜けにくくなるらしい。
首の方の痛みはほとんどなし。
ぷちっ、ぷちっという音が痛いっぽいが突っ張る感覚だけ。
ところが腰の方。
ちょっと針を刺す感覚(注射よりは弱い)でちくっと痛かった。


■血抜きの管を抜く
まだ傷口にあるものを取る。というと想像だけで痛そうだが
我慢できる痛み。痛みというよりは違和感の方が近い。
消毒の際の沁みる痛みの方が強い程度。すぐ終わる。
かなりビクビクしていたが、心配するほどでもなし。
決して痛みに強くなっているわけではない。
やはり採血等で注射針を入れられる痛みは慣れられない。痛い。

■消毒
術後は毎日の回診の際に傷口の消毒を行う。
これが沁みるのだけども、それは術後3日目か4日目には、あまり
感じなくなる。それよりも傷を塞ぐガーゼのテープを取る時が痛い
くらいになってくる。抜糸の頃はほとんど沁みるような痛みはない。

スポンサーサイト

タグ : 頚椎 椎間板 ヘルニア 入院 手術

| ホーム |


 BLOG TOP 

contents

coments

trackbacks

RSSlinks

google

google more


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。