--/--/-- --:--

スポンサーサイト

    
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2000/01/01 00:00

はじめに

    
当初「闘病記」というタイトルで書き始めたこの手記。
もうほとんど「メモ」に近いこと、また、もっと苦しい
思いを乗り越えてさらにまだ頑張っておられる方々から
すると決して「闘病」と言える代物ではないかも知れない…
なので私の場合は控えめに『メモ』とタイトルすることにしました。

しかしながら生まれてこの方、幸いにも大きな怪我もなく、
親にもらった体そのままにこの年齢(38歳)まで生きて
来れた事。その幸運に感謝をしつつも、今回初めて「手術」
というものを経験するにあたって、人一倍臆病な性格が輪
をかけるようにして、未経験であるが故への不安感が大きく、
これまでの人生で既に数多く経験した重大な決断や、苦悩
仕事上の大きな失敗や死ぬような思いは、人並みに経験して
きたつもりなのだけど、それを超越する恐怖感。。
まるっきり「子供」でした。

でも手術を初経験する人って「ほとんど」とは言わなくても
こういう気持ちになってしまうんじゃないかな…

私はこの症状になり、いよいよ軽い考えではいられない事に
気付いた瞬間から、藁をもすがる思いで必死にいろんな情報を、
ネット、知人その他をあたりました。
そしてついには同じような症状、またはそれに近い状態の方が
残している記録や闘病記などのHPに辿り着き、貪るように
それらを読み、時にはメールで思いっきり弱音を吐かせて頂いたり
しながら、次第に心強さを覚え、恐怖感ばかりの気持ち
からいくらか開放されました。

次第に進んでいく病状。早急になんとか手を打たないと、
という焦り。しかし本当に治るのか、それ以前に乗り越える
べき壁や山の大きさと抜けるべきトンネルの暗さにおびえる
意外に弱く脆い意志の自分。。。

そんな状況におかれてしまった方々への、
明日への自信と勇気と、少なからず「心のやすらぎ」に貢献
できるのであればとの願いからこのメモをのこします。

2005年3月 masay

※ブログ版移植にあたり、随時修正・加筆しております。
ご了承下さい。 2008年10月 masay




※ご注意下さい※
あくまでも私の経験・体験した事を記したメモです。
行われる処置、方法、院内での生活等はそれぞれの病院によって
または症状によって違ったものになります事を予めご了承下さい。
それぞれの症例に応じた適切な診断については必ず個人の
責任におかれまして専門医の診察に従って頂きます様お願い致します。


webmaster(管理人) masay へのメールは
右メニューメールフォームからお願いします

スポンサーサイト

タグ : 頚椎 椎間板 ヘルニア 手術 入院 闘病記

| ホーム |


 BLOG TOP 

contents

coments

trackbacks

RSSlinks

google

google more


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。